artists

活躍中の様々なジャンルの作家たちをご紹介します。

 

Art & Craft    


金属造形  小早川 眞理子   Jewelry Art   Mariko Kobayakawa


私の作品づくりの基礎となっているのはYOGAの教えです。
YOGAは哲学であり、心理学であり、宗教性もあります。
どう生きるかを教えてくれ、自分と向き合い自分を知ることの大切さを教えています。神様から自分に与えられた個性や能力をまずは自分自身で見つけ、それを伸ばし社会のために役立てたら幸せだと考えています。
今何を考え、生きているかは作品に全て表われます。さまざまな勉強を続けながら自分が少しでも成長すればおのずといい作品が生まれることを信じて日々作品づくりに取り組んでいす。                                                    

 

小早川 眞理子

http://www.cuore-mariko.com             



チタンアート  藤川 哲也    Titanium Art  Tetsuya Fujikawa

137億年前

その30万年後 光が生まれ、46億年前に地球が生まれ、地球の胎内に<チタニウム>が育まれ、その後 永い眠りについた・・・

40億年前に 生命が地球上に姿を現し、生き残るための進化と サバイバルが始まった。小さく か弱い生き物たちは生き残るため、不思議な煌く色で体を飾った。それが 構造色だった

 

藤川哲也    

  www.tifujikawa.com

     




硝子  丸岡 勇太   Glass Work      Yuta Maruoka

日常の光を切り取るように。

移り変わる光を受けた空間にはさまざまな色が

生まれます。

自分の制作はそれらを映す器でありたいと考えます。

ガラスという素材は光を通すことで、その存在が強いものになったり曖昧なものになったりします。

そんなベクトルを持った存在を手で考えながら生んでいくかたちでありたい。

 日々の色が与えてくれる豊かな表情を見つけることが私のものつくりです。さまざまな陽の光が映すかたちを提案できればと思います。                  

 

丸岡 勇太

 www.yutamaruoka.com



裂織  田村 陽子   Textile Sakiori  Yoko Tamura

 ・・・・心を織る・・・・・・・

ある日、一枚の衣と出会う。 長者だったり、羽織だったり。

艶やかな女のきもの。粋な色づかいの縞模様。 幼子の祝い着もある。 男ものの羽裏には、その時代の風俗が反映されていて面白い。 その色や柄行きに沁み込んだ衣の生きてきた歴史は、 まさに人生そのものだ。 衣と出会った私。 私にも、ここまで歳を重ねたそれなりの人生がある。 二つの人生の出会いは偶然だが、これから先は必然となる。 私が感じた衣への想いは、さまざまな物語を描きながら、 私の経験を相俟って、新たな一枚の布となる。今を生きる衣となる。 その衣と、また見知らぬ人が出会う。 その人は、その人の人生を通して、  なにか・・・ 何かを一枚の布から感じ取る。  時が回って心をつなぐ。

 

  田村 陽子

   www.koromo-sakioritamura.jimdo.com



陶芸  矢島 幸代   Pottery   Sachiyo  Yajima

焼き物の釉薬の美しさに惹かれます。オリジナルの釉薬を使って時計、ボタン、器を作っています。

私のつくったものをご覧になって、その先の物語、あなたの創造の世界が広がってくだされば嬉しいです 

  

矢島 幸代

  www.yajima-potter.jimdo.com



陶芸  山下 秀樹    Pottery    Hideki Yamashita

陶芸は自然と共に、そして人々の生活と共にあるものです。

なぜなら、生きるためになくてはならない「食」と「器」は一体だから。

陶芸には人々の生活に密着した器を作る試行錯誤や楽しさがあります。

土、釉薬、焼成法などを毎回少しづつ変化させてデータを取り、微妙な土の配分、焼き方など実験の様な仕事を楽しみながら、土という柔らかい素材を焼いて鉄のような物質に変化させる創作の可能性を追求しています。

 

人々の暮らしの中で活きる「凛とした緊張感のある形」を目指して作品を作っています。

 

山下秀樹



マンダラアート 明石 露香   Mandala Art   Tsuyuka Akashi

無条件の愛のエネルギーとパワフルな創造のエネルギーを持つ、古代神聖幾何学図形「フラワー・オブ・ライフ」

私の思い描いていることを表現出来るこの究極の調和とバランスを持った図形をベースに、オリジナルの描き方を考案し、マンダラアートの創作、ワークショップ、塗り絵本の出版など、活動を広めています。

 

 

明石 露香

www.floweroflife-mandala.com



水彩画 明石 泰一   Watercolor Taichi Akashi

北カリフォルニアの聖山 マウントシェスタ.。初めて訪れた時から大きく人生が変わりました。クリスタルガイザーの採水地でもあるシャスタは水だけでなく、森 滝 川 山 空 すべてが清らかなエネルギーで満ちています。帰国後、そのクリアーで澄み渡る空気感と、自然と自分が一体となった幸福感などを絵に描きたいと思い画家に転身しました。

 

 

明石 泰一

www.taichi-a.net