長尾 啓子

ジュエリーデザイン

ジュエリーデザインの創作を始め、数年後に渡米したロサンゼルスで学んだファインアート。テーマやストーリーを考えながらの立体的な形の表現に魅力を感じ、「Wearable Art・・身に纏うアート」としてのジュエリーを作り続けている。チェロやコントラバス、バイオリンの持つ緩やかなカーブの造形、自然が生み出すエネルギーを秘めた自由な色や形に惹かれ、それらのイメージが創造に息吹を与えて、作品となる。

プロフィール

 

ジュエリーデザイナー Jewelry Designer

長尾 啓子 Keiko Nagao

 

東京都出身 

東京女学館短期大学卒業

アテナ宝石デザイン研究所修了後フリーランスとして活動

1988年 渡米 ロサンゼルスを拠点にフリーランスジュエリーデザイナーとして活動

1993年 Bill Towonborrow Studioにてアシスタントとして勤務後、Pasadena City College にて彫刻、絵画などア ートの基礎を学ぶ傍らジュエリーの各種技術を習得

            創作ジュエリーの制作を開始、オーダーメイド制作販売開始

1995年 パサディナ、ジュエリー専門ギャラリー「60 EAST COLORADO」にて展示販売

2000年サンタモニカ、ジュエリー専門ギャラリー「SCULPTURE TO WEAR」にて展示販売

2002年 米国より帰国

2009年 東京 下北沢に「Atelier D Five」(アトリエD Five)を設立

2010年 「Atelier D Five」にて個展

2014年 東京「ギャラリー宵待草」にて二人展

           創作ジュエリーを中心に作家活動、オーダージュエリー、リメイク等も手掛ける

2015年 公益社団法人 日本ジュエリーデザイナー協会正会員

2016年 日本ジュエリーデザイナー協会公募展 第29回「日本ジュエリー展」入選

           日本のジュエリーアート「The Essence」出品

2017年 日本のジュエリーアート「こ・と・だ・ま」展出品

 

(社)日本ジュエリーデザイナー協会 正会員

 

 

website   http://atelier-d-five.jimdo.com