田村 陽子

裂織り

神奈川県小田原市千代、曽我の梅林近くに工房「回廊 瞬(かいろう とき)」を構え、その古民家をギャラリーとしても年に数回、様々な展示やイベントを

「暮らしのこだわり展」として開催。作家たちのまとめ役でもある。日本の伝統「裂織り」の技を、暮らしの中に活かす作品創りで伝え続けている。

プロフィール

 

裂織作家 Textile Artist  

田村 陽子  Yoko Tamura  

 

裂織は布の歴史と織り手の人生の奏でるハーモニー。古きものから生まれる新しい

布の妙味を楽しみながら、その素晴らしい日本の織物を人々に伝えている。

  1950   東京生まれ 

  1971年   文化学院卒業

  1976年  「八丈島織物研究所」主宰中山トヨ氏に手織りを、山崎青樹氏に植物

                      染めの手ほどきを 受ける。以後独学にて学ぶ

  1978年  「日本染織作家展」(社)日本染織作家協会主催 

       入選佳作賞受賞   草木染手織り紬着物 「あさぼらけ」 

  1993年  「アート&ザビニヤード」ジャパンパビリオン招待出品(アメリカ・オレ

       ゴン州) 草木染手織作(紬着物・服地・ショール他 藍染作品(絞り染め・板締め)出品

        高機(たかはた)を使用した裂織のワークショップを開催 /「第一回伊豆の作家群」出展         

         (熱海サンクリノ美術館)

  1995年  「亜細亜現代美術展」入選(東京都美術館)草木染手織紬着物

  1996年  「亜細亜現代美術展」入選 奨励賞受賞(東京都美術館・金沢県立美術館)

       草木染手織タペストリー 「I Remember The Moon」この頃より

        草木染糸による手織作品から裂織の作品に移行、現在に至る

  2004年 『現代日本の衣匠vol1』(ART BOX インターナショナル)に作品掲載

       『現代日本の衣匠』出版記念展 (ART BOX GALLERY

   2012年  『GRAPHIC SAKIORI 裂織』(マリア書房)に作品掲載

 

関東地方をはじめ、各地ギャラリーにて個展・グループ展・ワークショップ等開催

「染・織工房たむら」主宰 ・ 「回廊 瞬(とき)(農家ギャラリー)主宰

 

http://koromo-sakioritamura.jimdo.com

 


2017年3月 中国インバウンド向けフリーペーパー「TOKYO流行通信3月号」に作家紹介。